国内外ニュース

強い寒気、日本海側は大雪 名古屋で3センチ積もる

 強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が続いた影響で、日本列島は26日も北日本から西日本の日本海側を中心に大雪となった。北陸や近畿北部では27日にかけても続く見込みで、気象庁は警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、青森、福島、新潟各県では、26日夕までの24時間降雪量が40センチを超えた所がある。名古屋市では3センチの積雪を観測した。

 26日朝の最低気温は全国的に氷点下になった。さいたま市で氷点下9・8度、埼玉県越谷市では同7・5度を記録し、観測史上最低を更新。東京都心は氷点下3・1度だった。

(1月26日21時55分)

社会(1月26日)