国内外ニュース

全日空機、羽田に緊急着陸 エンジン不具合の疑い

 26日午後9時5分ごろ、羽田空港を離陸した福岡行き全日空273便ボーイング777が、2基あるエンジンのうち1基に不具合があるとして、羽田に引き返し緊急着陸した。乗客乗員約520人にけがはなかった。全日空が原因を調べている。

 国土交通省東京空港事務所や全日空によると、同機は午後8時20分ごろ離陸。約20分後、パイロットが右エンジンの排気温度が高いことに気付き、緊急事態を宣言した。

 右エンジンを止め、引き返した。着陸に問題はなく、自走で駐機場に到着。乗客は、27日の便に振り替えるなどして対応する見通し。

(1月26日22時49分)

社会(1月26日)