国内外ニュース

仮想通貨580億円分流出 コインチェック、損失最大規模

 記者会見の冒頭、謝罪するコインチェックの和田晃一良社長(左)ら=26日夜、東京・日本橋兜町の東京証券取引所  記者会見の冒頭、謝罪するコインチェックの和田晃一良社長(左)ら=26日夜、東京・日本橋兜町の東京証券取引所
 仮想通貨取引所の運営大手コインチェック(東京)は26日、取り扱っている仮想通貨の一種「NEM(ネム)」約580億円分が不正アクセスで外部に送金され流出したと発表した。送金されたのは全て顧客が保有している通貨。コインチェックは仮想通貨の入出金や売買といった取引サービスを一時停止し、仮想通貨が流出した理由などを調査しており、金融庁にも報告した。

 不正による仮想通貨取引所の損失額は、約480億円だった2014年のマウントゴックス(東京)を超え、最大規模となる。

 記者会見した和田晃一良社長は「お騒がせして深くおわびする。大変申し訳ありません」と陳謝。

(1月27日1時08分)

経済(1月27日)