国内外ニュース

「国際忍者学会」設立へ 三重大、研究者つなぐ

 国際忍者学会設立大会への参加を呼び掛ける三重大の山田雄司教授=津市  国際忍者学会設立大会への参加を呼び掛ける三重大の山田雄司教授=津市
 国内外の忍者研究者らのネットワークづくりを目指し、三重大などは「国際忍者学会」を立ち上げ、2月に三重県伊賀市で設立大会を開く。三重大国際忍者研究センター副センター長の山田雄司教授(50)は「世界中の研究者をつなぎ、研究の質を高めたい」と意気込んでいる。

 三重大は2012年から忍者・忍術の研究を始め、17年7月に伊賀市と国際忍者研究センターを開設。古文書の解析などを中心に研究を進めてきたが、学内外から「忍者研究について情報交換する場が欲しい」との声が上がり、国際学会の設立を決めたという。

 問い合わせは学会準備事務局、0595(51)7154。

(1月27日5時59分)

暮らし・話題(1月27日)