国内外ニュース

スプリンクラーなく被害拡大 韓国火災、法の不備問う声

 患者ら37人が死亡した韓国・密陽の病院火災現場=27日(聯合=共同)  患者ら37人が死亡した韓国・密陽の病院火災現場=27日(聯合=共同)
 【ソウル共同】韓国南部の慶尚南道密陽の病院で患者ら37人が亡くなった火災は、スプリンクラーが設置されていなかったことが被害拡大を招いたとみられる。法令で設置が義務付けられた施設ではなく、法律の不備を問う声が高まりそうだ。

 一方で消防は27日、一部の患者が片手をベッドにくくりつけられて拘束され、救助が難航したと明らかにした。聯合ニュースが伝えた。法律上、ベッドからの転落などを防ぐための身体拘束は限定的に認められているが、病院側の対応の適否が問われる可能性がある。

(1月27日13時45分)

国際(1月27日)