国内外ニュース

台湾、早くも桜満開 「無極天元宮」花見客でにぎわう

 27日、桜がほぼ満開となり、大勢の花見客でにぎわう新北市淡水の廟「無極天元宮」(共同)  27日、桜がほぼ満開となり、大勢の花見客でにぎわう新北市淡水の廟「無極天元宮」(共同)
 【淡水共同】台湾北部、新北市淡水の桜の名所として知られる廟「無極天元宮」で27日、桜がほぼ満開となり、大勢の花見客でにぎわった。

 淡水は台北市中心部から地下鉄で1時間弱。この日は晴天に恵まれ、気温21度のぽかぽか陽気。花見日和となり、山の中腹にある無極天元宮へ向かう道は渋滞した。廟の周辺にはヤマザクラなど約150本の桜の木がある。

 日本まで桜を見に行ったことがあるという新北市の会社員の女性(50)は「台湾人にも花見の習慣がある。今年は開花が少し早い。きょうが見ごろ」と満足そうに写真を撮っていた。

(1月27日18時59分)

国際(1月27日)