国内外ニュース

バイアスロン立崎芙由子が3位 日本勢で初表彰台の快挙

 女子7・5キロスプリントで3位に入り、セレモニーで笑顔の立崎芙由子(右)=バルリダンナ(共同)  女子7・5キロスプリントで3位に入り、セレモニーで笑顔の立崎芙由子(右)=バルリダンナ(共同)
 バイアスロンの欧州選手権は26日、イタリアのバルリダンナで行われ、平昌冬季五輪代表の立崎芙由子(自衛隊)が女子7・5キロスプリントで3位に入った。国際バイアスロン連合(IBU)によると、IBU主催の国際大会で、日本勢が表彰台に立つのは初めて。射撃で1度もミスをせず、トップと15・5秒差でゴールした。

 立崎はIBUの公式サイトに「メダルを取ることができて、大きな夢がかなった。今季は五輪に焦点を当てていて、準備のつもりで参加したが、これまでで一番の結果が出た。最高にうれしい」との談話を寄せた。(共同)

(1月27日20時24分)

スポーツ(1月27日)