国内外ニュース

与野党、「働き方改革」巡り応酬 NHK番組で討論

 自民党の新藤義孝政調会長代理は28日のNHK番組で、通常国会に政府が提出する「働き方改革」関連法案について「多様な働き方やそれぞれの人生、状況に応じた柔軟な働き方を可能にする」と述べ、意義を強調した。法案に盛り込む「裁量労働制の拡大」に批判が出ているが「残業無条件にはならない」とも述べた。

 立憲民主党の長妻昭代表代行は、裁量労働制の拡大に加え、一部専門職を労働時間規制の対象外とする「高度プロフェッショナル制度」導入を念頭に「禍根を残す法律(案)だ。最大の問題は残業の上限がない」と反発した。法案を巡る与野党攻防は激しさを増しそうだ。

(1月28日11時50分)

政治(1月28日)