国内外ニュース

北朝鮮、韓国選手も応援へ 融和を強調、構成に注目集まる

 2005年8月、アジア陸上選手権の開会式で、統一旗を手に歌を披露する北朝鮮の女性応援団=韓国・仁川(共同)  2005年8月、アジア陸上選手権の開会式で、統一旗を手に歌を披露する北朝鮮の女性応援団=韓国・仁川(共同)
 【ソウル共同】平昌冬季五輪で北朝鮮が派遣する約230人の応援団が、北朝鮮選手だけでなく韓国選手も応援することで南北が合意したと聯合ニュースが28日までに伝えた。大会組織委関係者の話としている。北朝鮮としては南北の結束をアピールし、融和姿勢を強調する狙いとみられる。

 今回派遣される応援団の構成はまだ明らかになっていないが、過去に韓国で開催された国際スポーツ大会には「美女軍団」と呼ばれる若い女性の応援団を送り込んできた。韓国では美女軍団の訪韓への期待がある一方、体制宣伝に利用されると警戒する声もある。賛否が分かれる中、どんな構成になるか注目が集まっている。

(1月28日15時40分)

国際大会(1月28日)