国内外ニュース

草津白根、複数の噴火口確認 気象庁が上空からヘリで観測

 噴火した草津白根山の山肌にあいた複数の噴火口。水蒸気などが噴出する様子は確認されなかった=28日午後、群馬県草津町(共同通信社ヘリから)  噴火した草津白根山の山肌にあいた複数の噴火口。水蒸気などが噴出する様子は確認されなかった=28日午後、群馬県草津町(共同通信社ヘリから)
 気象庁は28日、23日に噴火した草津白根山を上空からヘリで観測し、約500メートルの範囲に並ぶ複数の火口を確認した。観測に同行した東京工業大の野上健治教授(地球化学)は、列をなした噴火口をはっきり確認できたと明らかにした。

 気象庁によると、ほとんどの火口は直線に並び、観測時点ではいずれの火口も水蒸気などが噴出する様子は確認されず、噴火口周辺に積雪があることから、地面の温度は上昇していないとしている。火口周辺2キロの範囲では、引き続き大きな噴石が飛散する恐れがあるとして、警戒を呼び掛けている。

(1月28日17時45分)

社会(1月28日)