国内外ニュース

大相撲、文科相が再発防止を要請 協会は検討委設置へ

 日本相撲協会の八角理事長との面談を終え、取材に応じる林文科相=28日午後、東京・両国国技館  日本相撲協会の八角理事長との面談を終え、取材に応じる林文科相=28日午後、東京・両国国技館
 林芳正文部科学相は大相撲初場所千秋楽の28日、東京・両国国技館で日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)と面談後、報道陣の取材に応じ、一連の不祥事を踏まえ「再発防止策に取り組むよう協会に伝えた」と述べた。協会は2月1日の理事会で再発防止策の検討委員会を立ち上げる考えを示したという。

 元横綱日馬富士関の暴行問題に加え、場所中には春日野部屋の傷害事件が発覚。これに対し、林氏は「相撲の人気がいろんな不祥事によって損なわれかねない」と危機感を示した。

 面談は、林氏が幕内優勝力士への内閣総理大臣杯の代理授与に訪れた際、非公開で行われた。

(1月28日19時39分)

相撲(1月28日)