国内外ニュース

草津温泉、宿泊キャンセル5千件 「日ごと沈静化」

 草津温泉の名物「湯もみ」=2015年4月、群馬県草津町の見学施設「熱乃湯」  草津温泉の名物「湯もみ」=2015年4月、群馬県草津町の見学施設「熱乃湯」
 群馬県草津町の草津温泉旅館協同組合は28日、草津白根山の本白根山が噴火した23日から26日にかけ、宿泊予約のキャンセルが個人と団体合わせて約5500件(延べ約2万280人)に上ったと明らかにした。ただ、「日ごとに沈静化している」と説明している。

 組合によると、加盟105施設を対象に調査し、約8割から回答を得た。噴火があった23日から翌24日午後2時までは約3940件のキャンセルがあり、同時刻から26日午後5時までは約1560件だった。

 組合の担当者は「温泉街に被害は出ていないことなど、現状が分かってもらえたのだろう。新規の予約も来る」と話した。

(1月28日19時15分)

社会(1月28日)