国内外ニュース

慰安婦テーマの絵本出版へ 未刊の1冊、制作費は募金で

 「コッハルモニ」韓国版を持つ田島征三さん(左)と「ころから」の木瀬貴吉代表=17日、東京都港区  「コッハルモニ」韓国版を持つ田島征三さん(左)と「ころから」の木瀬貴吉代表=17日、東京都港区
 旧日本軍の従軍慰安婦が題材の韓国人作家による絵本を出版しようと、東京の出版社「ころから」が制作費を募っている。「日・中・韓平和絵本」(11冊シリーズ)の1冊として、表題の3カ国で刊行予定だったが、慰安婦問題の複雑さから、日本でだけ出ていなかった。募金開始5日目の28日までに100人以上が賛同し、当初目標としていた95万円を超えた。

 中韓では10年、企画第1弾として韓国の絵本作家権倫徳さんによる、元慰安婦シム・ダリョンさん(10年に83歳で死去)の証言を基にした創作「コッハルモニ(花おばあさん)」が出た。

(1月28日19時25分)

社会(1月28日)