国内外ニュース

キプロスで大統領選 現職ら2人が決選へ

 大統領選の投票所を訪れた女性と子供=28日、キプロス共和国・ニコシア(AP=共同)  大統領選の投票所を訪れた女性と子供=28日、キプロス共和国・ニコシア(AP=共同)
 【ローマ共同】地中海の分断国家キプロスの南側、キプロス共和国で28日、大統領選が行われた。現地からの報道によると、即日開票の結果、現職のニコス・アナスタシアディス大統領(71)と、元保健相スタブロス・マラス氏(50)が2月4日に実施される決選投票への進出を決めた。

 ギリシャ系住民が大半を占めるキプロス共和国では、北側の北キプロス・トルコ共和国との再統合が焦点。再選を目指すアナスタシアディス氏が得票率35・5%、次いでマラス氏が30・25%を獲得したが、過半数を得票する候補がおらず、決選投票が行われることになった。

(1月29日10時20分)

国際(1月29日)