国内外ニュース

米、5G通信システム導入検討 中国の脅威に対抗

 【ワシントン共同】米ニュースサイトのアクシオスは28日、トランプ政権の国家安全保障チームが、超高速の第5世代(5G)通信システムを政府機関に導入することを検討していると報じた。中国の脅威に対抗し、米国のサイバー空間や経済分野を保護することが目的だという。

 米政府高官はロイター通信の取材に「中国が盗聴できないようなネットワークを構築したい」と強調した。中国は5Gなどの最先端技術に力を入れており、米議会では安全保障の観点から、米国市場への参入に警戒感が広がっている。

 5Gの通信システムは、日本では自動運転の開発などに使われている。

(1月29日11時10分)

国際(1月29日)