国内外ニュース

コインチェックに業務改善命令 巨額仮想通貨流出で金融庁

 金融庁  金融庁
 不正アクセスにより約580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が外部に流出した仮想通貨取引所大手コインチェック(東京)に対し、金融庁は29日午前、改正資金決済法に基づき業務改善命令を出した。仮想通貨で過去最大の流出を許したことを受け、管理体制の強化と再発防止への取り組みを求めた。警視庁も経緯を調べるため、コインチェック関係者から近く任意で事情を聴く方針を固めた。

 金融庁は、ほかの仮想通貨取引所への不安拡大を最小限に抑えるためにも迅速な処分が必要と判断。コインチェックへの不正アクセスが発覚した26日から、わずか3日後と異例の早さでの業務改善命令に踏み切った。

(1月29日13時15分)

経済(1月29日)