国内外ニュース

洗濯機事故、ロック機能使われず 死亡男児、入れる構造

 堺市堺区の住宅で男児(5)がドラム式洗濯機の中で意識不明になっているのが見つかり死亡した問題で、洗濯機には未使用時、外からふたが開かないようにするチャイルドロック機能があったが、発見時は使用されていなかったとみられることが29日、堺署への取材で分かった。

 男児の身長が約120センチだったのに対し、ふたの最下部は床から約40センチにあり、自力で入れる高さだった。堺署は男児が誤って中に入り、密閉されて窒息した可能性があるとみて状況を調べる。

 堺署は、洗濯機に誤って入った場合、内側から開けられる機能があったかどうかメーカーに確認している。

(1月29日12時12分)

社会(1月29日)