国内外ニュース

エイズ感染、薬で予防 国内初の臨床研究実施へ

 新たなHIV感染者とエイズ発症者の報告数の推移  新たなHIV感染者とエイズ発症者の報告数の推移
 エイズウイルス(HIV)に感染するリスクの高い人に対して、治療目的で使われている抗ウイルス薬を毎日飲んでもらい、感染が予防できるかを調べる国内初の臨床研究を、国立国際医療研究センター病院(東京)が2月から始めることが29日、分かった。

 主な感染経路は性行為のため、コンドームの使用を呼び掛けるなどの対策が行われているが、新たなエイズ発症者と未発症の感染者の報告は年に計1500人前後で高止まり状態。海外では薬を予防に使う国が増えており、日本でも有用性を示し、感染拡大を防ぐ新たな手段としたい考えだ。

 この手法は「PrEP(プレップ)」と呼ばれる。

(1月29日14時05分)

医療・健康(1月29日)