国内外ニュース

防衛省、海賊対処司令官に梶元氏 自衛隊から3人目

 防衛省は29日、アフリカ東部ソマリア沖アデン湾で海賊対処活動を行う多国籍部隊「第151連合任務部隊」(CTF151)の司令官として、海上自衛隊第3護衛隊群司令、梶元大介海将補(51)を派遣すると発表した。自衛隊からの就任は3人目。

 任期は3月上旬~6月下旬で、バーレーンにある司令部で、各国の艦艇などが活動中に得た情報の集約や連絡調整に当たる。梶元氏は兵庫県出身で、護衛艦の艦長や第11護衛隊(神奈川県横須賀市)の隊司令などを歴任し、2016年12月から第3護衛隊群(京都府舞鶴市)の群司令を務めている。

(1月29日17時44分)

社会(1月29日)