国内外ニュース

平昌、日本選手は124人で確定 スケルトン追加

 平昌五輪の開閉会式が行われる五輪スタジアム=2017年12月(共同)  平昌五輪の開閉会式が行われる五輪スタジアム=2017年12月(共同)
 日本オリンピック委員会(JOC)は29日、スケルトン女子で新たに代表となった小口貴子(丸善食品工業)を加え、2月9日に開幕する平昌冬季五輪に派遣する選手が124人で確定したと発表した。役員145人を合わせた日本選手団は269人の陣容となった。いずれも海外で開催される冬季五輪では史上最多。

 日本はスケルトン女子で当初、出場枠を獲得できなかったが、枠を返上した国があったため、国際ボブスレー・スケルトン連盟(IBSF)が枠を再分配した。

(1月29日19時29分)

国際大会(1月29日)