国内外ニュース

稀勢の里関、不成績なら決議か 再起願う横審、苦言も

 横綱審議委員会の定例会合を終え記者会見する北村正任委員長。左は日本相撲協会の春日野広報部長=29日午後、両国国技館  横綱審議委員会の定例会合を終え記者会見する北村正任委員長。左は日本相撲協会の春日野広報部長=29日午後、両国国技館
 日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)は29日、東京都墨田区の両国国技館で定例会合を開き、初場所の途中休場で5場所連続休場となった横綱稀勢の里関について、横審の北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)は次に出場する場所で不成績の場合に「激励」や「注意」の決議を行うことを示唆した。

 稀勢の里関本人は次に出場する場所に進退を懸けると明言している。北村委員長は「非常にファンが期待している力士。この困難を何とか克服してほしい」と再起を願った。ただ、途中休場を重ねる現状に「同じことが続いている。今回もそれを繰り返し、誠に残念だ」と苦言を呈した。

(1月29日20時24分)

相撲(1月29日)