国内外ニュース

栃木で白いイチゴ開発 贈答用に期待、販売は20年冬

 栃木県農業試験場いちご研究所で開発された新品種の白いイチゴ「栃木iW1号」  栃木県農業試験場いちご研究所で開発された新品種の白いイチゴ「栃木iW1号」
 栃木県は29日、県農業試験場いちご研究所で新品種のイチゴ「栃木iW1号」の開発に成功し、国に品種登録を出願したと発表した。果実が白く、大きいのが特徴。県産のイチゴで紅白がそろい、贈答用などでの利用が期待される。

 県によると、新品種の出願は「スカイベリー」以来6年ぶり。主力品種「とちおとめ」よりも果実が大きく、より多くの収穫量が期待できる。酸味が少ないため甘さが際立ち、口当たりがまろやかという。県は2月20日まで、ブランド名を募集。県ホームページなどから応募できる。

 登録には2年程度かかるといい、一般に販売できるのは2020年冬からの予定。

(1月29日21時45分)

暮らし・話題(1月29日)