国内外ニュース

仲間の鳴き声からヘビ想定し行動 シジュウカラ、京大

 小鳥「シジュウカラ」(京都大の鈴木俊貴研究員提供)  小鳥「シジュウカラ」(京都大の鈴木俊貴研究員提供)
 小鳥「シジュウカラ」に、天敵のヘビを警戒する仲間の鳴き声をスピーカーで聞かせると、ヘビがいると想定して行動したと、京都大生態学研究センターの鈴木俊貴研究員が明らかにした。

 30日以降の米科学アカデミー紀要電子版に掲載。鈴木さんは「音声から物事をイメージするという、人と同じような能力がみられることを実験的に確かめた。こうした認知能力の進化や起源を解明したい」としている。

 シジュウカラはスズメぐらいの大きさで、各地に生息。多種多様な鳴き声を出す。

(1月30日5時05分)

科学・環境(1月30日)