国内外ニュース

「ロシア疑惑の捜査は偏向」 米下院委、文書公開を可決

 【ワシントン共同】米下院情報特別委員会は29日、ロシアによる大統領選干渉疑惑の捜査を巡り、反トランプ大統領色が強く政治的に偏向していると連邦捜査局(FBI)などを非難する内容の機密文書を公開することを与党共和党の賛成多数で可決した。トランプ氏が5日以内に反対しなければ公開が可能になる。

 文書はニューネス委員長(共和党)主導で作成。野党民主党側は疑惑捜査の信頼性を損なう試みだとして公開に反対した。ワシントン・ポスト紙電子版によると、トランプ氏は公開に賛成で、疑惑捜査がいかに偏向しているか国民が理解する手助けになると側近に話しているという。

(1月30日11時00分)

国際(1月30日)