国内外ニュース

仮想通貨、8アドレスに分散送金 20分間に576億円流出

 仮想通貨取引所大手コインチェックのアプリ画面=29日  仮想通貨取引所大手コインチェックのアプリ画面=29日
 約580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が取引所大手コインチェックから流出した問題で、ネムは特定のアドレスに送金された後、八つのアドレスに分散して送金されていたことが30日、関係者への取材で分かった。追跡を遅らせる狙いがあったとみられる。

 ネット上で確認できる取引記録によると、最初の流出は26日午前0時2分で、同0時21分までの約20分間に被害のほぼ全額に当たる計約576億円相当のネムが特定のアドレスに送金されていたことも判明した。

 金融庁は同日、全ての取引所への調査に本格的に乗り出した。管理体制など問題がある場合は立ち入り検査に踏み切る考えだ。

(1月30日12時40分)

社会(1月30日)