国内外ニュース

東証、午前終値は2万3477円 米株安を受け続落

 東京証券取引所=東京・日本橋兜町  東京証券取引所=東京・日本橋兜町
 30日午前の東京株式市場は、前日の米国株安を受けて売り注文が優勢となり、日経平均株価(225種)は続落した。下げ幅は一時200円を超えた。

 午前終値は前日終値比152円08銭安の2万3477円26銭。東証株価指数(TOPIX)は10・22ポイント安の1870・23。

 29日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均が大幅に下落し、東京市場はこの流れを引き継いで売りが先行。最近の円高ドル安傾向も株式相場の重荷となっており、幅広い業種が値下がりした。

 ただ平均株価は前日まで4営業日続落していることから、買い戻しの動きも見られた。

(1月30日11時55分)

経済(1月30日)