国内外ニュース

吉野彰氏に日本国際賞を贈呈 リチウムイオン電池の開発で

 吉野彰氏  吉野彰氏
 国際科学技術財団は30日、スマートフォンなどのモバイル電子機器に用いるリチウムイオン電池を開発した旭化成名誉フェローの吉野彰氏(70)らに2018年の日本国際賞を贈ると発表した。「モバイル革命の原動力となった」と評価した。

 充電可能なリチウムイオン電池は小型で大容量なのが特長で、1991年に実用化された。ノート型パソコンやスマホ、電気自動車で使われる。

 吉野氏は80年代、電池の電極にコバルト酸リチウムと炭素材料を使うと、電極間をリチウムのイオンが行き来して電池の役割を果たすと実証した。

(1月30日13時25分)

科学・環境(1月30日)