国内外ニュース

遺体の身元、幼稚園職員と判明 震災7年、宮城・石巻

 宮城県警は30日、東日本大震災の3日後に同県石巻市で見つかった遺体の身元が、園児5人と共に送迎バスで津波に流され、行方不明になっていた私立日和幼稚園のパート職員の女性=当時(58)=と判明したと発表した。

 県警によると、遺体は2011年3月14日、被災したバスのすぐ近くの路上で発見された。他に周辺で行方不明者の情報がないことや、昨年12月に実施した骨の鑑定結果などから身元を特定した。遺体は今月29日に遺族へ引き渡された。

 女性の夫は県警を通じ「やっと妻の骨をお墓に納めることができる。ありがとうございました」とコメントした。

(1月30日17時44分)

社会(1月30日)