国内外ニュース

スキー複合渡部暁「金」へ手応え W杯遠征の欧州から帰国

 欧州遠征から帰国し、取材に応じる渡部暁斗=30日、羽田空港  欧州遠征から帰国し、取材に応じる渡部暁斗=30日、羽田空港
 ノルディックスキー複合で平昌冬季五輪代表の渡部暁斗が30日、ワールドカップ(W杯)で遠征していた欧州から羽田空港に帰国した。26~28日にオーストリアのゼーフェルトで行われた個人戦に3連勝し、五輪に向けて勢いをつけた日本のエースは「金メダルへの距離は確実に近づいている」と手応えを口にした。

 渡部暁は「高いレベルで安定」という飛躍を武器に勝ちパターンを確立しつつある。踏み切りの動作を修正し「いい感覚で飛べている」と話した。一方、距離は「まだ改善の余地はある」とさらなる向上を期した。渡部善斗、永井秀昭、渡部剛弘、山元豪の五輪代表と、加藤大平も帰国した。

(1月30日16時15分)

スポーツ(1月30日)