国内外ニュース

大阪府警が避難先管轄署漏らす DV被害、転居費補償

 大阪府警の20代の男性巡査長が、ドメスティックバイオレンス(DV)被害を受けた女性の避難先を管轄する警察署名を、加害者である元夫に漏らしていたことが30日、府警への取材で分かった。避難先は特定されなかったが、府警は被害予防のために転居費用など約120万円を女性に補償する。

 府警によると、巡査長は避難先を管轄する署に勤務。昨年、DV防止法に基づいて、裁判所から元夫へ接近禁止の保護命令が出たため、元夫に電話で警告する際に自分の名前と所属を漏らした。

 加害者への連絡は、加害者の居住地を管轄する署から行うと内規で定めている。

(1月30日16時49分)

社会(1月30日)