国内外ニュース

東京高裁、東電賠償を大幅減額 原発事故被害の算定法争い

 東京電力福島第1原発事故の影響で福島県大熊町の工場が操業できなくなったとして、東京の農薬メーカー「アグロカネショウ」が東電に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(尾島明裁判長)は30日、約1億4500万円の支払いを命じた一審東京地裁判決を変更し、賠償額を約3400万円に減らした。

 争点は、原発事故の被害を受けた法人に東電が示した賠償額の算定手法が妥当かどうか。一審は「人件費を過剰に差し引いており、事業実態に合わない」と判断し、より高額の賠償を命じたが、高裁は東電の手法に近い賠償額を相当とした。

 判決後、アグロ社の弁護士は上告する方針を示した。

(1月31日17時20分)

社会(1月31日)