国内外ニュース

運動場に屋根付き施設設置へ 米軍ヘリ窓落下の小学校

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の大型輸送ヘリコプターの窓が市立普天間第二小の運動場に落下した事故を受け、防衛省沖縄防衛局が落下物から児童を守るための屋根付き施設を運動場に設置する方向で市教育委員会と調整していることが30日、分かった。具体的な構造や設置時期は今後詰める。

 屋根付き施設の設置は、保護者らが防衛局に要請していた。防衛局は運動場の使用再開に備え、同小に上空監視カメラを配備し、監視員も配置している。小学校の位置表示灯や非常時用の内線電話も設置する方向だ。

(1月30日18時11分)

社会(1月30日)