国内外ニュース

小平選手、母校・信州大を訪問 充実ぶり語る

 母校の信州大教育学部を訪問した(右から)小平奈緒、山中大地、一戸誠太郎の各選手=30日午後、長野市  母校の信州大教育学部を訪問した(右から)小平奈緒、山中大地、一戸誠太郎の各選手=30日午後、長野市
 平昌冬季五輪に出場するスピードスケート女子の小平奈緒選手(31)が30日、母校の信州大教育学部(長野市)を訪問して濱田州博学長らと懇談し、「練習の中で男子を引っ張れるようになれば自分も上に行けるかなとコーチと話していた。それが冬の練習で実現できている」と語り、充実ぶりをうかがわせた。

 懇談には、スピードスケート男子で信州大での勤務経験がある山中大地選手(27)と、信州大在学中の一戸誠太郎選手(22)も同席。練習方法や現在の調子などが話題に上り、選手らは時折笑顔を見せるなど終始和やかな雰囲気だった。

(1月30日18時25分)

スポーツ(1月30日)