国内外ニュース

NHK、報道局長ら3人処分 ミサイル発射の誤報で

 NHKは30日、北朝鮮のミサイル発射で全国瞬時警報システム(Jアラート)が作動したとの誤った速報を公式ニュースサイトなどに16日配信した問題で、報道局長を訓告、同局ニュース制作センター長とテレビニュース部長を厳重注意処分にしたと明らかにした。処分はいずれも30日付。

 放送総局長の木田幸紀専務理事と副放送総局長の荒木裕志理事は、役員報酬の10%を1カ月それぞれ自主返納する。

 実際にミスをした現場の職員への処分はなく、NHKは「今回のミスは組織全体で受け止めるべきだ」と説明した。

(1月30日18時39分)

文化・芸能(1月30日)