国内外ニュース

女性遺体、自宅外で切断か 血痕なく、北九州遺棄

 北九州市小倉南区の河川周辺で昨年9月に白骨化した遺体で見つかった福岡県添田町の職業不詳外池晴美さん=遺体発見当時(29)=の自宅から血痕が検出されず、荒らされた形跡もなかったことが30日、県警への取材で分かった。現場では頭蓋骨のほか複数の骨が見つかり、一部は切断された痕があった。県警は自宅以外の場所で切断され遺棄されたとみて調べる。

 県警によると、外池さんは遺体発見現場から約30キロ離れた添田町の町営住宅に1人で暮らしていた。昨年春ごろから行方不明になっていたとみられるが、捜索願は出ていなかった。

(1月30日19時20分)

社会(1月30日)