国内外ニュース

ギョーザ、宇都宮が首位奪還 世帯当たり購入額、4年ぶり

 ギョーザの2017年の世帯当たり購入額で、宇都宮市が3年連続首位だった浜松市を抑え、4年ぶりに日本一を奪還したことが、30日に発表された総務省家計調査で分かった。宇都宮市が結果を集計した。

 宇都宮市は、10年まで15年連続で購入額が首位だったが、11年、2位に陥落。13年には再び首位を奪還したが、14年からは3年連続で浜松市に次ぐ2位だった。

 市が17年1月~12月の家計調査を集計したところ、全国の県庁所在地と政令指定都市の1世帯あたりのギョーザ購入額は、首位の宇都宮市が4258円、続く浜松市は3582円、3位は堺市で3091円だった。

(1月30日19時51分)

暮らし・話題(1月30日)