国内外ニュース

草津町、山頂ゲレンデの閉鎖検討 噴火被害のスキー場

 群馬県草津町の黒岩信忠町長は30日、噴火が起きた本白根山の山頂付近にある草津国際スキー場の「本白根ゲレンデ」について「今シーズンの再開はしない。今後の運営に重い判断をする」と述べ、閉鎖を検討していることを明らかにした。

 ゲレンデは噴石や火山灰が降り注ぎ、中腹の山麓駅と山頂駅を結ぶロープウエーもゴンドラに飛び込んだ噴石で窓ガラスが割れるなどし、乗客にけが人が出た。

 黒岩町長は「あれだけの被害を受け、(噴火警戒)レベルが落ち着いたからロープウエーを動かすという軽い考えは全くない」と述べた。

(1月30日22時04分)

社会(1月30日)