国内外ニュース

シリア、和平へ憲法委設立で合意 ロシア主導の国民対話会議

 【ソチ共同】シリアの和平協議を進めようと、ロシア南部ソチで開催された「シリア国民対話会議」は30日、新憲法の起草を担う委員会を立ち上げることで合意し、閉幕した。ただ、反体制派の主要勢力がロシア主導の会議に反発して欠席しており、正当性が疑問視される可能性もある。

 国連のデミストゥラ特使は、憲法委設立がジュネーブでの国連主導の和平協議に貢献すると評価。憲法委の人選や権限などはジュネーブ協議で最終合意を図ると述べた。

 会議では、シリアの主権や領土の一体性を尊重し、シリアの将来は外部の干渉を受けずに国民が民主的に決めるとの声明も採択した。

(1月31日9時25分)

国際(1月31日)