国内外ニュース

トランプ氏「米国新時代」を宣言 一般教書演説、1年の実績誇示

 30日、一般教書演説をするトランプ米大統領=ワシントン(AP=共同)  30日、一般教書演説をするトランプ米大統領=ワシントン(AP=共同)
 【ワシントン共同】就任1年のトランプ米大統領は30日夜(日本時間31日午前)、施政方針を示す初の一般教書演説を上下両院合同会議で行い、「新しい米国の時代」が到来したと宣言した。「米史上最大の減税を立法化した」と自らの実績を誇示し、関心の高い不法移民対策については「米国第一の法律でなければ署名しないという固い決意」を表明した。安全保障面では核・ミサイル開発を続ける北朝鮮への最大圧力を維持し、政策転換を促した。

 トランプ氏は自らの政権が「米国を再び偉大にするという使命を持って前進してきた」と述べ「安全で力強く、誇りある米国を建設している」と強調した。

(1月31日13時25分)

国際(1月31日)