国内外ニュース

シャープ、4年ぶり黒字 4~12月期、液晶や家電堅調で

 記者会見するシャープの野村勝明副社長=31日午後、東京都港区  記者会見するシャープの野村勝明副社長=31日午後、東京都港区
 シャープが31日発表した2017年4~12月期連結決算は売上高が前年同期比22・7%増の1兆8294億円、純損益は553億円の黒字(前年同期は411億円の赤字)だった。液晶や家電事業が堅調で、4~12月期としては4年ぶりの黒字となった。台湾・鴻海精密工業の傘下で経営再建が進んでいる。

 液晶事業ではテレビの販売が海外を中心に増加し、特に鴻海が販路を持つ中国の伸びが目立った。液晶パネルは自動車やパソコン向けが拡大し、家電は掃除機や洗濯機の売り上げが好調だった。

(1月31日18時39分)

経済(1月31日)