国内外ニュース

17年住宅着工、3年ぶり減 持ち家の落ち込み響く

 国土交通省が31日発表した2017年の新設住宅着工戸数は、前年比0・3%減の96万4641戸で、3年ぶりにマイナスとなった。持ち家の減少が響いた。ただ、ほぼ横ばいのため国交省は堅調に推移しているとみている。

 内訳は、持ち家が2・7%減で2年ぶりに減少した。業界からは「低金利が続き、住宅購入を急ぐ状況にないと判断する顧客が多い」との見方があるという。

 貸家は0・2%増と6年連続のプラス。ただ、増加率は前年の10・5%から大きく縮小した。郊外で需要が一服し、着工を控える動きが広がったとみられる。

 分譲住宅は1・9%増と3年連続のプラスだった。

(1月31日16時29分)

経済(1月31日)