国内外ニュース

トヨタ9万台リコール エアバッグ作動しない恐れ

 トヨタ自動車は31日、エアバッグが作動しない恐れがあるとして「アルファード」「プリウス」など13車種の9万1210台(2015年5月~16年1月生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。

 他の対象車種は「ヴェルファイア」「シエンタ」「ノア」「ヴォクシー」「エスクァイア」「プロボックス」「サクシード」と、レクサスブランドの「NX200t」「NX300h」「RX200t」「RX450h」。

 国交省によると、エアバッグ制御システムのセンサー内の装置が断線することがあり、衝突時にエアバッグが作動しない可能性がある。

(1月31日17時06分)

社会(1月31日)