国内外ニュース

任天堂、3月期の売上高1兆円超 「スイッチ」好調で7年ぶり

 記者会見する任天堂の君島達己社長=31日午後、大阪市  記者会見する任天堂の君島達己社長=31日午後、大阪市
 任天堂は31日、2018年3月期の連結業績予想を上方修正し、売上高が前期比約2・1倍の1兆200億円になる見通しだと発表した。昨年3月に発売した家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の販売が好調なためで、1兆円突破は7年ぶり。スイッチの世界販売目標も1400万台から1500万台に引き上げた。19年3月期は2千万台以上を目指す。

 売上高の予想は昨年10月に7500億円から9600億円に上方修正していたが、さらに引き上げた。純利益の見通しも850億円から1200億円に上方修正した。

(1月31日17時30分)

経済(1月31日)