国内外ニュース

緩和縮小観測「市場の誤解だ」 日銀副総裁、物価2%遠く

 記者会見する日銀の岩田規久男副総裁=31日午後、大分市  記者会見する日銀の岩田規久男副総裁=31日午後、大分市
 日銀の岩田規久男副総裁は31日、大分市で記者会見し、日銀が大規模な金融緩和からの縮小に向かうとの観測を「市場の誤解だ」と否定した。直近の円相場については「少し予想よりも円高に進んでいる」との認識を示した。物価上昇率2%目標の実現は「はるかに遠い状況」と説明し、次期総裁が就任する4月以降も大規模緩和を粘り強く続けるよう求めた。

 岩田氏は2013年に副総裁に就任。日銀入り前から積極的な金融緩和で物価上昇が実現できると主張しており、同4月の大規模緩和も主導した。間もなく5年の任期を迎え、記者会見に先立つ講演でも今回が最後になると述べていた。

(1月31日18時04分)

経済(1月31日)