国内外ニュース

秋田のJA、56億円累積赤字 コメ直接販売で損失

 秋田県大仙市の「JA秋田おばこ」は31日、コメの直接販売で損失が発生し、約56億円の累積赤字が判明したと発表した。長年、不適切な会計処理が行われていたのが原因といい「歴代役員らによる重大なコンプライアンス違反」と指摘した。

 直接販売は、県内のコメ流通を担ってきたJA全農あきたを介さず、農家から集めたコメを卸売業者に直接売る仕組み。

 JA秋田おばこによると、直接販売は2004年に始めたが、農家への支払額と販売経費の合計が、売上金を上回る状態が続いていたという。昨年夏の外部監査で発覚し、実態を調べていた。

(1月31日18時10分)

社会(1月31日)