国内外ニュース

ユネスコに大阪古墳群推薦書提出 世界文化遺産、19年夏に判断へ

 政府は31日、2019年の世界文化遺産登録を目指し、大阪府の「百舌鳥・古市古墳群」の推薦書を国連教育科学文化機関(ユネスコ)に提出したことを明らかにした。登録対象とした古墳を詳しく説明し、世界的価値を主張する内容。

 政府推薦を受け、ユネスコの諮問機関が推薦書の書面審査や現地調査を進める。諮問機関の事前審査が順調なら、19年夏のユネスコ世界遺産委員会で最終的に登録の可否が判断される見込みだ。

 百舌鳥・古市古墳群は、日本最大の前方後円墳・大山古墳(仁徳天皇陵、堺市)を含む国内有数の古墳群。推薦書では、現存する89基のうち49基の登録を求めている。

(1月31日19時30分)

文化・芸能(1月31日)