国内外ニュース

はれのひ従業員に聞き取り実施 神奈川県警、財務状況を確認

 振り袖の販売・レンタル業「はれのひ」(横浜市、破産手続き中)が成人の日を前に営業を突然取りやめた問題で、神奈川県警が元従業員ら複数の関係者から聞き取りを実施し、同社の財務状況などを確認していたことが31日、捜査関係者への取材で分かった。

 県警は今後、同社の元幹部らから事情を聴いて経営破綻した経緯などについて事実確認を進め、立件の可否を判断する方針だ。

 篠崎洋一郎社長(55)が1月26日に開いた記者会見によると、はれのひは急激な出店で人件費などのコストがかさみ、2016年9月期に大幅な赤字になった。

(1月31日19時34分)

社会(1月31日)