国内外ニュース

辺野古移設で立ち入り要請 ジュゴン訴訟巡り名護市

 沖縄県名護市辺野古沖で生息が確認されている絶滅危惧種の海獣ジュゴン保護のため、日米の環境保護団体が米軍普天間飛行場(宜野湾市)の辺野古移設工事の中断を米裁判所に求めた訴訟に関し、名護市は31日、米国の文化財保護法(NHPA)に基づき米政府に工事現場への立ち入りを求める要請文を発送した。

 稲嶺進市長が記者会見で明らかにした。その中で、市としてジュゴンを巡る訴訟に関与し、移設反対の立場を米裁判所に直接訴えたいとの考えを示した。

(1月31日19時40分)

社会(1月31日)