国内外ニュース

国公立大2次試験、倍率4・4倍 出願最終日、前年から微減

 文部科学省は31日、国公立大2次試験の出願最終日となる同日午後3時現在の志願状況を発表した。志願者数は前年最終日の同時点より1万367人少ない44万5142人、募集人員に対する倍率は0・1低い4・4倍だった。確定した志願者数と倍率は2月15日に発表する。

 国立大(82大学391学部)の志願者は31万7940人で、倍率は4・0倍。公立大(86大学191学部)は12万7202人で5・9倍だった。

 学部別で志願倍率が高いのは、国立大の前期日程では東京芸術大美術の11・8倍、広島大法(夜)9・5倍、室蘭工業大工(夜)7・3倍。

(1月31日22時04分)

社会(1月31日)