国内外ニュース

米政策金利据え置き 3月利上げを検討

 イエレンFRB議長(ロイター=共同)  イエレンFRB議長(ロイター=共同)  イエレンFRB議長(ロイター=共同)=左、パウエルFRB理事(ゲッティ=共同)  イエレンFRB議長(ロイター=共同)=左、パウエルFRB理事(ゲッティ=共同)
 【ワシントン共同】米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)は1月31日、金融政策を協議する連邦公開市場委員会(FOMC)で、追加利上げを見送り、主要政策金利を年1・25~1・50%に据え置くことを決めた。会合後に公表した声明では、伸び悩んでいた物価について「今年は上昇が予想される」と言及し、次回3月会合で利上げを検討する方針だ。

 今回はイエレンFRB議長が参加する最後の会合となった。決定は全会一致。次回のFOMCは3月20、21日に開催する。FRBはパウエル理事が2月3日付で議長に就任し、就任宣誓式は5日の予定だと発表した。

(2月1日6時15分)

経済(2月1日)